SKアカデミー レスリング日記

新宿区にあるSKアカデミー・レスリングクラスの活動記録。 当クラスの練習や試合などをご紹介します。

9月8日 土曜日の練習

昨日の練習は9名。皆さん良い雰囲気です。
2012-09-08 17.36.25

今日は会員でない方用にアップメニューをご紹介します。もちろんコーチによって変わります。
まず2分ほどマットをクルクル自分のペースでランニング。次にスキップ、サイドステップ、肩回しなどをしながら2分くらいランニング。そして走りながらのマット運動。前転、後転、受身、ジャンプ前転といったところをやっていきます。これで大体6分くらい、汗をかきながら身体をほぐします。
その後10分ほどストレッチ。そこから本格的なアップに入ります。アップは開脚前転や倒立前転などのマット運動を5種類くらい、レスリング的な動きの基礎運動を4種類くらい、タックル切りを3本、そして遊び半分で2組になって色んな組み合いの基礎練習を行います。この最後の組み合いでドット汗を出してもらいつつレスリングの【不自然な構え】になれてもらい、そこからひと呼吸置いて打ち込みに入ります。
ここまで約30分ですが、考えてみるとこれだけで1/4の時間を費やします。レスリングってそういう練習が一つの大きな内容になってきます。

ここからは技術練習です。今日はわりと自由に打ち込みをやってもらいましたが、やはり意識して欲しいのはタックルに入ってから最後まで確実に持って行けるかどうかという点。そして、打ち込みの続きとして、入ってから寝技までの流れの技術の確認。要は試合向けにそのパターンを意識してもらいました。個々に技術を身に付けても技術というのは動きの流れの中でかけていかざるを得ません。ならば具体的にどういう流れで決まっていくものなのかをしっかり確認して欲しいし、よく分からなければそこが自分の課題と捉えて頂ければと思っています。

先週から来られているHさん、とても一生懸命です。いきなりですが、みんなの練習に入ってやってもらいました。戸惑いながらも結構いいタックルも出来るようになってきました。
中学生Yさんもすっかりレスリングっぽくなってきて、闘志も溢れています。みんなやればドンドンレベルアップします。

スパーも皆さん盛り上がり30分はあっという間。

最後は、馬鹿でかいバランスボールで【レスボール】をやってもらいました。レスボールとは膝を付いてラグビーをするようなボールゲームで、特徴的なのはフォールもありということです。点数にはならないのですが、相手選手をフォールすると退場処分となり人が減るわけです。こういう遊びの中で体力を付けたり取っ組み合いの感覚を身に付けたりすることが多いのもレスリングの練習の特徴かもしれません。

興味のある方、是非見学にお越し下さい。
(今泉)
スポンサーサイト
  1. 2012/09/09(日) 11:55:35|
  2. 練習日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://skwrestilng.blog.fc2.com/tb.php/27-1da3b2a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad