SKアカデミー レスリング日記

新宿区にあるSKアカデミー・レスリングクラスの活動記録。 当クラスの練習や試合などをご紹介します。

2月26日(火)の練習 きむら

I川さん、Mさん(中一女子レスラー)、私の三人での練習。
①ウォーミングアップ後、いつものように組み手の反復。組み手の中で使う動きを一つ一つバラバラにして反復してもらう(相手の腕の手繰り等)。この一度バラバラにして体にしみ込ませた動きを自分の動きの流れの中に一つずつ取り入れる事が出来れば、自分の動きの幅が広がっていくと考える。

②相手を押す反復…良い組み手になって相手を脚で押す(重心は一定の所に置いておいて押す。)慣れてきたら相手を押し込んで押しこんでおいて最後に落とす(崩す)をやった。(内からの組み手、2on1組み手)その後、重心を一定にして継ぎ足で(相手を押し込んでるイメージで)歩く一人練習を何度も反復した。

③差し…IさんもMさんも初めての組み手。どういうシチュエーションで差すのかから始めて、差し方、崩し方(小指を中心とした手の使い方)、差して崩してからの技の反復まで繰り返しやった。(Iさん、Mさん5,6本ずつ交互、受けは私)その後、先程と同じように差してから差した方の腰を入れて歩く一人練習(昔、朝青龍がよくやっていた一人練習をやった。)

④ローリング反復…まずしっかりと極めて脚でマットを蹴った動力をしっかりと極めた上半身に伝えていくというイメージを意識して何度も反復した。(Iさん、Mさん3本ずつ交互、受けは私)

⑤あたま内、外のタックルが潰された所からドリル…防御側は攻撃側に自分の体重を掛ける事が出来る内は(自分の体重を利用できる内は)安定するを説明した後、あたま内から2種類(相手に寄りかかる様に(相手を押しながら)立っていく、相手のサイドに回り相手の脚に掛けた脚の膝で相手の足を持ってきて、立てた反対側の自分の脚に乗せる)、あたま外1種類(外側の脚だけ動かして相手の脚を引きつけてくる)をやった。(Iさん、Mさん5,6本ずつ交互、受けは私)

⑥スパーリング…なし

今日も人数的には少なかったがドリル(ひたすら反復)中心のよい練習が出来たと思う。
私的に収穫だったのが、各自連続して5本ずつ位の反復を受けていると、二セット目の4,5本目位になると最初のぎこちなかった動きが修正されてることはもちろん、各自の応用された動きまで動きの中に入ってくるという事に気付かされたこと、またそれと同時に矢継ぎ早に連続して反復することの重要性を改めて感じる事が出来た。

おわり
スポンサーサイト
  1. 2013/02/27(水) 15:01:01|
  2. 練習日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://skwrestilng.blog.fc2.com/tb.php/61-8aedf4f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad